大人気チリ弁講座の時間です。(4月11日更新)

若者チリ弁というか、なんというか、
チリの人全体的に口を動かしたがらないの
(顔の筋肉他の国の人より衰えてるんじゃない?w)
基本的に「S」だとか「D」だとかの音は消えつつあり、
さらにスペイン語で「H」は発音しなかったり(ex;Hacerという動詞は「アセール」と読む)
「Z」はザ行ではなくサ行の音を意味する(つまりZARAはサラと読む)

そしてさらに新人類(この表現好きだ)は、
略したりちょっと加工しちゃったりするのが
世界共通で大好きみたいで。

最近気に入っているのが
スペイン語でいう 
No te preocupes!(心配しないでいいよ)の表現。
文法的な説明を加えておくと(スペイン語勉強していない人は流し読みしておくれ)
Preocuparse(心配する)→Te preocupas→
の否定的命令文なので 
No te preocupesになる。

結構この表現日本でもチリでもよく使うんだけど、

例文(日本語編)
「そのワインいくらした?払うよ」
「私が払うー心配しないで、飲んじゃって飲んじゃって」
チリでは絶対こんな会話成立しないので払いたいときだけ言いましょう

例文(チリ弁)
“Oye, ¿Cúanto te costó este vino?”
“No te preocupis! toma no más”

例文の2行目からして明らかなんですが、

No te preocupes (ノー テ プレオクーペス)
   ↓
No te preocupis (ノー テ プレオクーピス)
   ↓   さらに若者は略す
No te preocupi- (ノー テ プレオクーピー)

ノー テ プレオクーピー!!!!!

最初聞いたとき衝撃のあまり涙が出そうになったよ。略しすぎだよ新人類・・・

もう心配するドコロ君たちの顔の筋肉についてまでも心配してしまうよ・・・・・

この表現かわいすぎるからみなさん是非つかってくださいってことで。へへ