スペイン語は英語と違って敬語があるんです。
なので基本的に2人称(君)の場合、とっても親しい間柄なので(?)きっちり話す必要がなく(??)
超適当に話しているようにしか見えません。

動詞の活用(2人称)
普通のスペイン語→チリのスペイン語
estás→estai 例”¡Hola! ¿Cómo estái?”
vas→vai  例”¿a dónde vai?”
tienes→tenis  例”¿Que tenis?”

さらにひどい場合(若者言葉です。)
“¡Hola! ¿Cómo estái?”→”¡Hola! ¿COMOTAI?”
以下例文ビデオ

もう無法地帯です。アクセントとかもう、何って感じ。

チリ独特の動詞
CACHARこの単語超大事です。
会話の最後に「・・・・カチャイ?」とか「・・・カチャイオノ?」って大概つきます。
語源は英語のChatchらしく。「おいらの言ったことキャッチしたかい?」的なノリで使われている模様。親しい間柄で使われるので基本的に1人称(自分)・2人称(相手)の活用しか使いません。
例;”¡yo CACHO NADA!(なんにもわかんねぇよ)”
“¿Cachai o no?(わかってんの?)”