North W”orst”と悪名高いNorth West航空にて 香港に着く。
飛行機から降りたら、むぁっとした空気に出迎えられる。
チリに行ったら、いつでもカラッとしているのに、なんだか新鮮だなあ!!と感動。

今回の旅行は私の大好きな友人に会いに行くのが最大の目的で
・ガイドブック持ってない
・宿泊先のホテルがわからない
状態で 香港へ。 地球は1つだー!!って。笑
さすがに不安で、なんか欲しいから
古本屋で香港読本 (福武文庫)なる素晴しい本を100円でゲットする。ちなみに、1989年発行・・・・・・・・・。
内容は大変よろしおす。使える情報か否かは言わずもがな。

香港は、私の予想を良い方向に裏切ってくれた。
真夜中でも空いているコンビニ
安くて安全なタクシー
おいしい料理
親切な人。

敢えて挙げれば、コンビニのお菓子が日本製のものばっかりってことか。
楽天小熊餅:コアラのマーチ
百奇:ポッキー

うーん。ダイエットファイバーまで売っている。。。
ヤクルトもちょっとサイズはでかいものの売ってるし。

そして何よりもビックリしたのは
香港の人がおっとりしていること。
英語も通じるから、なんとなくコミュニケーションすると
おっとりしている。語調もおっとりしている気がする。
結構前に上海にいったとき上海人の語調のキツさが
トラウマになっていただけに感動。

そして、何か通じない時でもにっこり笑って
「ベリグー」「ベリグー」!!!!!
全然良くなさげなことにも言ってくれるあたりに
ラテンの風を感じました。(笑)

そして親日的。
香港の男の子は日本人の女の子と付き合う/結婚する ことを夢に見ているらしい。
雑誌だってViviとかが日本の進出してるし
地下鉄のニュースにこうだくみだのふかだきょうこだのが登場するし
かわいい女の子は日本風に着飾っている印象を受ける。
CDだって日本のものはたくさん手に入るっぽい。

近いってすごいなーって思う。
すぐ輸出入もできるわけで
トンキロ(輸出入の際の重さ×kmの単位)だって少なくて済むわけで

そう思うと、やっぱりチリって遠い国だったんだなーって実感する。
その分、「異国感」は南米の勝ちだけど
香港もすごく魅力的だなー♪
そして夜景がきれい。 さすが競争力世界3位。

ちなみに、3日間、滞在時間は33時間と相当短かったですが
ほぼ睡眠無しで、アルコールもチンタオビールのみという
中学生の修学旅行をもう一度、的な遊び方をさせていただきました。
なにもわかってない私に色々教えてくれて
いっぱい楽しい話してくれて
素敵なところにいっぱいつれていってくれた友人に感謝。