なんて、まことしやかにささやかれて早●●年。

きょう、日本経済新聞を読んでいたら新聞の終わりのほうにこんな見出しがあった。
しかも、コメントはあの「情熱」の あの、「エロ」の あの「SM」な!! 杉本彩さんじゃありませんか。笑


「絡み合う愛憎と嫉妬、復讐劇 危険な愛と情熱のラテンドラマ」(2008年4月25日日本経済新聞朝刊より)

ふむふむ。なんと、杉本彩さんによれば、今の日本の男性に足りない情熱だったり云々がこれにはつまっているので見てほしい
とのことだとか。 このコメントに関してはあえてこっちからコメント出しませんが。

テレビドラマのことを一般的に「Telenovela(テレビ小説)」 チリでは「Teleserie(テレビシリーズ)」といいます。
その放送がすごい。週に5回毎日放送 一日2時間 その中の45?1時間は前回のおさらい系。
更にすごいのはコメントにもあるように絡み合う愛憎と嫉妬ですわー。 いやもう、見てて「ほへー」って感じ。

例えば、マリアとルイスが恋人同士で仲良しなんだけど、いきなり妊娠しちゃって
妊娠した途端になぜかマリアとルイスが実は血のつながった兄弟だったことが発覚
そのことにショックを受けたマリアが失踪。失踪途中に車に轢かれる、しかも轢いちゃったのが元彼のホルヘで
その時隣に乗せてたほるへの彼女がルイスのお姉さんだった。

みたいなね(今私が勝手に作った話ですがこういう雰囲気です。)
文字っつらにすると ばっかばかしーって感じなんですが、
結構みんな必死に生きている感じが好感持てるんですよ。
ラテンアメリカみんな口開けてみてます。笑

*********************************************

さて、そんなラテンドラマが日本に進出だとかで?
数年前にもこっそりKBS京都(京都の放送局)が
メキシコのテレノベラ”El juego de la vida(GAME of LIFE)”の放送権を買って放送していたりしていましたが。
ここ数年の「アデージョ」「チョイ悪」(もう古いんでしょうか・・・)ブームをそのまんま汲んだ感じで展開していくんでしょうかねえ・・・

ちなみに新聞で紹介されていたもの↓
ビクトリア 愛と復讐の嵐 DVD-BOX シーズン1 復讐のプロローグ ビクトリア 愛と復讐の嵐 DVD-BOX シーズン2 ビクトリア 愛と復讐の嵐 DVD-BOX シーズン3

ビクトリア 愛と復讐の嵐1 ビクトリア 愛と復讐の嵐2  ビクトリア 愛と復讐の嵐3

ビクトリア 愛と復讐の 嵐 ですって。
やだも?愛と復讐を嵐にまでしちゃうの?!!!???
ちなみに上がDVDボックス 下が本。 パート3以降も好評だそうで。

っていうか わ?私もちょっと見たくなってきた。なw

ちなみにこちらのHPで無料で?・?話が見れるそうです。お暇な方はぜひ。