はろー
昨日はオールナイトで映画見に行った後何故か東寺でぼーっとちょっとすごして、
そのあと中・高時代に不安定な私を支えてくれた友人とお茶。
いやー京都、すごい人だわ!!GWだからって、みんな遊びに来ているのかしら。
その証拠に、地元の人しかしらないようなところはガラ空きだったし。
みんなが遊びに来てくれるのは嬉しいなー。活気付く京都。

あ、携帯新しくしました。
伝説の「電池蓋が透明ガムテープ」なイカつい携帯とはおさらばです。
ついでにデジキャメも壊れていたので
ええい この際!的にCybershot携帯にしました。
もだーん!!

これの黒。2年以上は変え難いそうなので、
「社会人になっても使える」雰囲気で。笑

さて、一昨日の夜中からはじまったオールナイト映画大会@みなみ会館 について。

京都みなみ会館というのは京都にあるミニシアターで、かなりクラシックで不思議なつくりになっている映画館なのですが、
なんにせよ企画力があって地域の住民に愛されている!!映画館 です。
でこの映画館がよくオールナイトイベントをやっているのですが、みなみ会館のオールナイトイベントは初だな。
「ジプシーキャラバン」というジプシー映画公開記念で、なんと「ジプシー映画」3本立て。 笑

一本目「ジプシーは空に消える」 1976年、ソ連作品。
この日一番期待していなかった映画。というのも今までソ連・ロシア映画を見ていて
非常に「アート」にこだわった重たい作品しかあたっていなかったから。
今までのロシア関連映画で一番好きでした。女の子が犯罪並みにかわいい(画像上の女の子がヒロイン)
メタフォラとかもわかりやすい感じ 且つ ちゃんと芸もこまかかったです。素敵。
DVD出てたらちょっと欲しかったな笑

二本目 「炎のジプシー・ブラス」 2002年 ドイツ
炎のジプシーブラス 地図にない村から
半分宣伝・半分ドキュメンタリーな 現代っぽい作品。
彼らの”Manea Cu Voca”という曲は、Basement JaxxのHey Uという曲でサンプリングされているので
映画中ずっとBasement Jaxxについて考えてた。
軽い感じなので、まま、よいんじゃないですか。 投げやり

↓聞き比べ、どうぞ。

 
Fanfare Ciocarlia “Manea Cu Voca”


Basement Jaxx feat. Robyn – Hey U

三本目 「黒猫・白猫」 1998年 ドイツ・フランス・ユーゴスラビア
黒猫白猫

朝の3:45?このテンション↓

寝れなっちゃうよー!!!な作品。この作品、有名ですよねえ?
なんか知ってる気がするんだけど・・・気のせい?

3本ともおもしろかったなー満足満足。

ジプシーとは:北インド起源のロマニ系に由来する移動型民族。移動生活者、放浪者とみなされることが多いが、現代では定住生活をする者も多い。
よく同義で言われる、ヒッピーとは:伝統・制度などの既成の価値観に縛られた社会生活を否定することを信条とし、また、自然への回帰を提唱する人々の総称。1960年代後半に、おもにアメリカの若者の間で生まれたムーブメントで、のちに世界じゅうに広まった。 彼らは自然と愛と平和と芸術と自由を愛している。
共にwikipediaより引用。