あんまりこういう内容を今までここに書き込んできませんでしたが、
しかも、就職活動?していません、みたいな涼しい顔でいつも
コーヒー飲んでたりアイス食べてたりしてたから
きょうは正直に。笑

昨日、就職活動中に友達になった女の子とランチ
夜は、元々お友達で「大手広告系」に内々定をもらった子とBARへ
行ったことで、いろいろ就職活動について考えたので、
そろそろ、ここに書いておいてもいいかな、って思う。
南米に行く人で、南米で働きたいって人も多いと思うから。

まず、私は正直日本に戻らないつもりでチリに行きました。ということを告白。どーん。
じゃあ何で帰ってきたのか?
現地では「現地採用」という形態の採用になることがほとんどだとおもうけど、
?現地の雇用、非安定型(つまり契約社員)が約40%。外国人&契約だなんて、社会的な立場が低すぎることを危惧
?給料が低い(ロングタームで見ると歴然としている。)
?ただでさえ職が少ないチリの雇用を私が働くことで減らしてしまうと思ったから。
つまり、チリが好きなら、雇用をつくりだせるくらいの人になりたかった。
デカいことを言いますが、それくらいチリが好きだ?って解釈でお願いします。笑

(&、残る理由もさしてなかったんだよね。賞味。チリでしたいことは日本でもできるって言うか)

うーん、どうやら私の理想とする「南米ワーキングスタイル」とは異なる模様。。。
じゃあ、日本に帰るか、給料よさげだし。っていうノリで、1月帰国(このへんのフットワークがちょっと人より軽いかも)
労働条件として
?デカいことができる
?給料が良い
?海外に行く機会が多い。

ってことで、なんとなく(笑)友人にすすめられた「総合商社」と、
「海運」「メーカー」「食品(日本水産)」を見てみようと思った。
最初は「京都の大企業」と思ってたけど、
(京都っていう土地から発信するのも素敵やとおもった。)
エントリーシートの締め切りが早いのとなんとなくノラなかったので一社も受けず。
この時点で2月(現在の就職活動って就職の2年前の5月からみんなはじめているらしいね)。
はっきりいって、相当な「出遅れ」だったらしい。笑 まあ、そりゃそうだ。
でも、2月から毎日のように説明会やら、OB訪問やら
本を読んだり、SPIの対策をしていたと思う。
OB訪問は、チリでは限りある日本社会で限りなく(笑)したけど
日本でも、東京までいって5日間で4人にあったりしてた。
もう2月の終わりから面接が入ってくる。面接は練習あるのみだと確信する。

なんだかんだいってて3月になる。
そうだ、ここは、日本だ。チリよりも時間が過ぎることが早い、ことに気づいた私。笑
3月に入るとエントリーシートを提出しなきゃいけない企業が増える。
私が
説明会にいったのは多分100社くらい(行ったはず。)
プレエントリー(web上から気になった企業をクリックすること)したのは20社弱(学校は70社しろといってる)
エントリーシートを出したのが12社?15社(学校は30~50社しろといってる)
筆記試験対策をした本の数は6冊
多いからいいとか少ないからいいとかじゃなくて、
自分が入りたい・入ってもやっていけそう、という企業の数の問題だと思うから
私はこんなもんでよかったなあ と思う。

3月は、エントリーシートとwebと本と・・・要するに企業研究ですね。(←遅い)
でもまあ、私の場合、友人のアドバイス「商社向いてると思うよー(酔)」を真に受けていたので
ほぼ一直線だったからね、
各会社のCSRについてとか、
日本経済新聞とか、
お偉いさんのコメントとか
チェックしてた。でもメモはとらなかった。線は引いてた。
頭に残らないものは、面接でも飛んじゃうだろうとタカをくくっていたので
就職活動ノートもお友達にもらったブルーで表紙にロシア人形の描いてあるかわいいやつの3分の1くらいしか
使わなかった・・・書き込んでいたのは会社の名前と事業内容、今後の展望と、CSR。
面接の受け答えも書いてた。うまくいったことと駄目だと思ったこと。それで一人で反省会を開催してた。笑
(←就職活動マニュアルに、「かわいいのは使っちゃだめ」とか書いてあるらしいけど、誰が決めたのって顔して使ってた。笑)
3月中に全てのエントリーシートを出し切る。
3月終わりから筆記試験が始まる。ココがヤマだと決めていたので、マジ断酒。

4月いっぴから毎日3つづつくらい筆記試験がある。全部おぞましい内容。
さらに怖いことに筆記試験の合否がその日のうちに届く。
合格なら、次の日に面接来てください、みたいなやつ。
雪だるま方式に予定が増えていく。
うれしいけど、身体的・精神的についていかないので、M商事は筆記受けず。さよ?なら?
6冊の対策本のおかげか、断酒のおかげか、
8社中7社筆記合格 やぽーい!! ここで確信
「最後まで諦めず努力すれば、運がついてくる」
ある意味この確信が私の就職活動でした。笑 本当にそうだよ、そのとおりだと思うよ。何事も。
その代わりこの痩せない私が2週間で3kg痩せた。名づけて、就職活動ダイエット。
でも、毎日楽しかったのは、素敵なお友達や素敵な社員さん、
素敵なオフィスにたくさん巡り合えたから。
就職活動しなきゃ、出会えなかった人に出会えた。今も仲良くしてるし。
それだな?♪それにつきる。面白い人にたくさん出会えたし、
自分の将来とか、社会について真剣に考えるチャンスをもらえたとおもう。
そんなわけで、12日に痩せながらも内定ゲット。
内定2つ出たので就職活動終了 って運びでした。
はじめるのがもっとも遅く、終わるのがもっとも早いタイプ。きらーん☆
結果商社に行きたいと、内定を取り消されない限り。笑 思っております。

*********************************************************
ポリシー
・白シャツは極力着ない 肌が黒く見えるから、ピンクかブルーかストライプ
・ネイルはフレンチ、ラインストーン付。きらきらしてるのをほめてくれるような会社に行くこと。
(結局褒められなかったし落とされもしなかった)
ヒールは7cm かっこよく歩くこと
・ピアスはお花☆
・常にスマイルで自信ありげにすること。でも謙虚にいくこと。
・周りのエントリー者と、一人でも多く会話すること
・わからないときはわからないということ
・わかりやすいことを表現を変えてリピートするようにする

etc,.
(ただし、銀行とかに行きたい人は上のこと、ほぼ全部やっちゃだめらしい。
こういうの、業界によるらしいです。)
************************************************************

ま!何はともあれ、

案外就職活動は楽しいぞっていう。(そこ?)
がんばった分だけ、素敵な人に出会えると思う。

そういうことをいっていたら、
「美紗子はほかの人と違うんだから早く終わって当然だと思う」
と言われてしまった。
そんなの、うそです。だって全員ほかの人と違うんだし
それを画一化しようとしているあなたと
それを個性として押し出した私の
戦略の違いでしょ、とさらっと言いたかったけど、黙っていた。

正直、最初は スペイン語を使って  とか
南米で とか 思っていたけど、
「どんな言葉を使って」仕事をする とか
「どこどこで」仕事をする というのは
目的があって初めて拓けるツールかな、
と、そういう話を昨日友人としていたんだけど
世界のどこにいても、きっと誰かはやさしくて 
きっと何かはうまくいって
きっと何かでつまずくんだから、
あんまり重視しなくてもいいかもしれない、
と 思うようになった。
ツールを重視するよりも
そんなツールを身に着けるだけのガッツだったり、
興味津々な人を魅力的だと、きっと思うんだ・・・・と いう 結論 です。

とりあえず、就職活動の終わりが始まりなんだって気分で
挑むと、良い、楽しくなる。 ストレッチって感じ。
心地よいポイントをさがして、ね、

今年度の大学の就職アドヴァイザー(かぁっこいい♪)になるっぽいので、
下級生の皆様、じゃんじゃん遊びにきて、からかってください。
一緒に遊び企業研究しましょう。

また、末筆になりますが、
私は、人生において、「働く」ことを重要視し、
「就職活動すること」に意義を感じたのでしましたが
生きる、ということに正解は無いと、思う、信じる・・・信じたいので、
自分が なにをして どこで どうやって 生きるか、
それを真剣に考えて、 自分と周りを見回して、
自分を含めてより多くの人が笑顔になれるような 決断を
逃げずに、 堂々と、 してほしいと思います。
そうすれば、運はついてくるよ。がんばろう、お互い。