Michelle Bechelet Speech for Teleton

こんにちは
久々のチリ版更新。

チリで地震が起こりましたが、みんな元気です。
むしろ、雨降って地を、めちゃくちゃ固くしようとしている、
とてもポジティブなチリの在り方に、誇りをもったまなざしを向ける日々だったりします。
そんなチリを見て、何もしない自分にいらいらしたので、簡単ながらに映像のご紹介。
日本のメディアには載ってこないよね・・・。別に悲観するわけじゃないけれど、
地球の裏側の、女の大統領の、Teleton(日本で言うと24時間tv?)での最後のスピーチ。
いわば、マラソン終わりの芸人がかけこんでくるあたりの時間かな?

日本では、こんな状況で大統領がTVでスピーチをすることってあるんだろうか・・・?
そして、スピーチをしているところが、こんなに長い時間メディアに載って、こんなに暖かい雰囲気となるんだろうか
私たちの在り方も考えさせてくれる映像だと感じました。

<概要> 注:さささっと書いたのでかなり適当です・・・。
全てのチリの人々へ、私は感謝の意を述べたい。
きょう見たこと、きょう歩き回ったところ・・・
地震の被害が大きかった様々な場所で、
私たちはたくさんのものを見、たくさんの人びとと話し、たくさんの人と抱きしめあいました。
そこには、とてもたくさんの悲しみ、荒れ果てた心を感じました。
しかし、同時に、力強さを感じたことも事実です。
きょう、私は英雄たちと共に居ました。
警察官の一人は、海の様子を見、危険を察知して近隣の住民に知らせ、
結果誰も亡くなることのなかったこと、
家族支援の活動をしている女性・・地震で何も残らなかったにも関わらず、
彼女は活動し、今未来への希望と共に過ごしています。

これがチリです。私たちは、強さと団結心、そして愛で出来ています。
たくさんの人々がサンティアゴから被災地へ向かい、
50人の森林部職員と共に被災地の支援活動を行っています。
その車にはチリの国旗が付いています。
家が少しでも残っているところにも、チリの国旗が掲げてあります。
私たちは、強さと団結心、そして愛で出来ています。