いやはや 

風邪をひいた+歯を抜いたせいか
それとも遊びすぎか
風邪っぽい、熱っぽい
でも食欲はおさまらん×××

・・・・・で ひさびさに映画をDVDで。
見てしまいましたね
カルト映画のクラシックス
El Topo(もぐら)。1970年作品
エル・トポ

 メキシコ映画となっていますが
監督はAlejandro Jodorowsky、 チリ人 なのです。
お隣さんに借りた。

これ、色々書きたいんだけど意味わかんねーよとおもって
うぃきぺでぃあで調べたわけ
そしたらさ、あらすじのところに
(以下引用)
この作品は言葉による説明を超えている要素が非常に多いので、あらすじで内容を説明することはきわめて困難である。
(以上)

って書いてあるわけ。

こういうの苦手なんだけど、
メキシコの太陽と風景とその画像の異様さの連続
血の赤さetc
意味がわからないぼーっとした頭でかるーく受け流すにはいい映画でした。

っていうか、なんでこういうのが苦手なんだろうって考えると
自分の理解の範囲を軽く超えているからなんだろうなって思うの。
でももしかしたらいつかこういうのがわかる日が来てこういうのが
素晴しいって思うのかも知れないなとも思うわけです。

ううーん
でもまあわかることがいいことだとも言い切れないので
わからなくていい世界ってことでおいておこうと思います。